木刀素振り

素振り用の木刀を使った鍛錬法です。
左右それぞれ片手で行います。
これは、主に「手首の力」や「指の力」といった前腕部を鍛えることに主眼を置いており、体幹部を固定したまま行います。
ですから、剣道や剣術を知っている方は違和感を感じられるかもしれません。
要領は下記の通りです。
下半身は安定させたまま歩形を変えない
腹部や、背部の筋肉は固定し、木刀の重みに振り回されないようにする
主に肩甲骨周辺と前腕部を意識して行う
ren1-1.png ren1-2.png
 @腰に木刀を構える  A斜め上方に斬り上げる
ren1-3.png ren1-4.png 
 B木刀を肩に担ぎ気味に振り上げる  Cそのまま斬り下ろす
ren1-5.png ren1-6.png
 D斬り下ろした状態から木刀を手前に引く  E斜め上方に突き上げる
【武術・格闘技用トレーニングの新着情報】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。