マッサージの重要事項

■タオルを一枚用意しましょう

マッサージをする時は、直接肌に触れないようにしてください。
肩をもむ時も素肌にタオルや手拭いを置いて、その上から手を使います。
直接肌に触れると滑りが悪くなり、その部分の毛細血管を傷つけやすくなります。
素肌に直接触れないようにすれば大丈夫なので、もちろんTシャツの上からでもかまいません。

■やって良い時、悪いとき

マッサージを行ってはいけない場合もあります。
効果がないばかりか、身体を壊してしまう怖れがあるからです。
下記の場合はやめておきましょう。

食後
飲酒後
極度に疲労している場合
高熱
伝染病感染
妊娠中
出血性皮膚病
外科手術後
骨粗鬆症
骨折、脱臼直後
精神が極度に不安定な時
心臓病
腹膜炎

【マッサージの新着情報】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。